2019年GWプレ大会開催

広く参加者を募って行う本大会の開催に先立ち、課題の洗い出しと本大会実現に向けた準備を進めるため、限られた有志のメンバーで行うプレ大会を2019年の4月28日から5月5日までの8日間で開催します。

大会名
滋賀一周ラウンドトレイル(SHIGA1)2019年プレ大会
開催日
2019年4月28日(日)から5月5日(日)にわたる8日間
  • 4/28(日)7:00 スタート(スタート前に当日受付)
  • 4/29(月)〜 5/5(日)ステージ2からステージ8
  • 5/6(月)午前中に表彰式を予定しています
コース
滋賀県大津市発着による8日間のステージレース
総走行距離 435.8km 累積標高 31,480m
※ ほぼ全ステージに渡って明確な登山道がない箇所があり、地図やGPSを見ながら進まなければならない区間があります。ステージによってはそのような区間が10kmを超える長さになります。
カテゴリ
1. 個人戦 2. チーム戦(2名から4名)
募集定員
個人戦、チーム戦、合わせて30名程度
募集期間
2019年1月13日から3月31日まで
参加資格
  • 18歳以上の健康な男女 ・自然に対する配慮とマナーを守って大会に参加できる方
  • 大会のルールに従って頂ける方・全コースを迷うことなく走りきることが出来る方
  • レース中の様々なトラブル(体調不良・ケガ・天候の悪化 etc)に自ら対処できる方
  • 自身で地図読みができる方、もしくはGPXファイルとスマートフォンの地図アプリを使って山を走れる方
参加費
1エントリー 80,000円(チーム戦の場合もチーム全体でこの金額です)
  • 各ステージゴール後の宿泊施設は大会側でも用意しますが宿泊地は自由です。大会が用意した宿泊施設をご希望の場合は別途宿泊費用(1名につき1泊3,000円)をいただきます。
  • エントリー締切後、参加者の方に振込先をご案内します。振込手数料は参加者の方にご負担いただきます。
表彰
総合、個人戦男子、個人戦女子、チーム戦2名、チーム戦3名、チーム戦4名でそれぞれで優勝者および表彰者を決定
制限時間
コースページを参照(各ステージ毎に異なります)
主催
NPO法人滋賀一周トレイル
後援
滋賀県、大津市、長浜市
協賛
キリンビバレッジ株式会社、株式会社インナー・ファクト、IBUKI
協力
山食音、麓-ROKU、Monkey Crew、MOOSE、moderate、伊吹山ドライブウェイ

ステージ制について

滋賀一周ラウンドトレイルは全長約440kmを8日間かけて走る、1日を1つのステージとしたステージ制のレースです。各ステージの合計タイムで最終的な順位を競います。ステージごとに制限時間が設けられ、制限時間を超えた場合やステージを途中でリタイアした場合は一律そのステージのタイムが翌日のスタート時間までとなりますが、次のステージに進むことができます。各ステージのゴール及びスタート地点と、各宿泊施設までは大会側が車で送迎を行います。翌日は全員が同時刻にスタートします。

チーム戦について

個人戦は1人が全ステージを1人で走りますが、チーム戦では各ステージを誰が走ってもかまいません。また、各ステージを1人ずつリレー形式でつないでも、複数人で並走してもかまいません。ただ、各ステージを最低1人はスタートからゴールまで走り切る必要があります。ステージ途中でのリレーは認められず、そのステージはリタイアと同じ扱い(翌日のスタートタイム換算)となります。

2019年プレ大会 レースブック

2019年プレ大会のルールや注意事項、コースについての詳細をレースブックとして Google Docs にて公開しています。選手の方はこちらも合わせてご確認ください。

レース規則

  1. 各ステージはスタートを午前 6:00 とします。(第1ステージは午前7:00、第8ステージは午前8:00)
  2. 各ステージに関門時間及び、ゴール制限時間を設けます。
  3. 大会が配布するGPXファイルのルート通りに準じます。(原則的に大会本部はマーキングを行いません)
  4. チェックポイントとエイドステーションは必ず通過すること。チェックポイント及びエイドステーションを定められた関門時間までに通過できない場合は、ペナルティとしてそのステージの所要時間を翌日のスタート時間までとします。
  5. コース上は一般利用者(登山者、ハイカーなど)を最優先し、そのことに配慮しその通行を妨げてはいけません。
  6. ストックの使用は可能です。
  7. トレイルからはずれることを禁止します。
  8. コース上および全区域で動植物、菌類、岩石などを採取、損傷することを禁止します。
  9. ゴミは絶対に捨てないでください。
  10. トイレはできるだけ公共のトイレを利用してください。止むを得ないときは携帯トイレを使用し、必ず持ち帰ってください。
  11. コース上に存在するすべての建造物などに傷をつけないよう注意してください。
  12. イヤホンの使用禁止。
  13. コース上での私的サポートの禁止。(各エイドに限り可能)
  14. 不正行為(代走・車等の利用・ドーピング etc)の禁止。
  15. 上記およびその他悪質な行為を発見した場合は、失格対象といたします。
  16. 上記の規則に従っている場合でも、保険の対象外となる場合(レース中の飲酒やサンダルを着用しての走行など)があります。

サポート行為について

  1. 予め定められたエイドにおいて、飲食物や物品の受け渡し、マッサージ等の私的サポートが可能です。ただし、駐車場が狭いなどの理由により予め大会が私的サポートを禁止したエイドや、チェックポイント、コース上の他の地点では、私的サポートを禁止します。
  2. エイドによっては、車で直接アクセスできずにトレイルを通る必要がある箇所や、車で行けても駐車スペースのない箇所もあります。
  3. 私設エイドとして、コース上で選手を区別せずに、広く飲食物を提供することを認めます。エイド以外の場所で、特定の選手だけを対象に飲食物を提供することはできません。
  4. コース上に、予め荷物を置いておく(デポする)ことを禁止します。
  5. 全コースにおいて、1回最大30分までの並走を認めます。ただし、コース全体の半分以上の時間、誰かを並走させることはできません。並走者は、ランナーに声をかけたり、ハイタッチ・握手・ハグなどの一時的な接触、撮影などを行えますが、物品の受け渡し、荷物を代わりに持つ行為、マッサージ、押したり引っ張ったりして選手が進むことを補助する行為は禁止します。

必携装備(チーム戦の場合は1人あたり)

  1. トレイルランニングに適した服装・シューズ・バックパック
  2. 食料
  3. 水 1.5L 以上
  4. ライト(予備電池1セット含む)
  5. サバイバルブランケット(130cm 以上×200cm 以上)
  6. フードつきレインジャケットとレインパンツ
    どちらも〈ゴアテックス〉あるいはそれと同等の防水、透湿機能を持ち、縫い目をシームテープで防水加工してあるもの。
  7. テーピング用テープ(80cm 以上×3cm 以上)
  8. ファーストエイドキット(絆創膏、消毒薬など)
  9. くま鈴
  10. 保険証(コピーは不可)
  11. 配布されるゼッケン・IC チップ(身体の前面の見えやすい場所に装着のこと)
  12. 携帯電話(コースのGPXファイル及び、GPXファイルを表示するための地図アプリを事前にダウンロードしてください)
  13. モバイルバッテリー(走行中に携帯電話が必ず使える状態を保てるようにしてください)
  14. 携帯トイレ

※ 4, 5, 6 についてはレース中もしくはゴール後にチェックいたします。 不所持1点につきペナルティー30分加算。

推奨装備

  1. 現金
  2. コンパスと紙の地図
  3. その他個人が必要なもの

装備以外に必要なもの

レース中の必携・推奨装備以外に、宿泊施設で必ず使う必要のあるものを記載します。これ以外にも、各自が必要だと思うものをお持ちください。

タイムの計測とGPS端末での位置確認について

GPSログの提出について(任意)

保険について

よくある質問

Q:各ステージゴール後の宿泊施設で、夕食と朝食は提供されますか?

夕食は毎日宿泊施設にて提供する予定です。朝食はおにぎりやパンのような軽食を多少用意しますが、足りない場合は各自でご用意ください。各宿泊地でお湯はご用意いたします。

Q:コース上に食事がとれる小屋や商店等などはありますか?また利用可能ですか?

利用可能です。全ステージに買い物ができるお店があるわけではありませんが、蓬莱山、伊吹山、御在所山にはそれぞれ小屋や商店があり、第8ステージはコースから少し外れたところにコンビニがございます。他には、コース上に自販機があるステージもあります。コースを外れる場合は、外れた地点まで戻ってからコースに復帰してください。

Q:エイドでは、水の他に補給食の提供はありますか?

エイドでは水の他に、最低限の補給食(バナナやパンなどの簡易なもの)を提供予定です。ただし、エイドによっては山中深く荷物の運搬が困難な場所なため、補給ができない場所がある可能性がありますので、基本的に1日分の行動食を携行してください。

Q:宿泊施設周辺、または宿泊施設への送迎中にコンビニなど食料を調達できる場所はありますか?

宿泊地周辺はキャンプ場や山中のロッジやバンガローのような場所が多いため、近くに(歩いて数分程度の場所に)コンビニなどの商店はありません。最寄りのお店へは、車でのアクセスが必要となります。各宿泊所から最寄りのお店は、最新版の「滋賀一周ラウンドトレイル2019」マップをご覧ください。

Q:デポバッグの輸送はコース上のエイド間か、それとも宿泊施設までの輸送でしょうか?

宿泊施設までの輸送です。コース上のエイドまたはチェックポイントは車でアクセスできない箇所もあり、宿泊施設までとさせていただいています。

Q:デポバッグの容量に制限はありますか?

1チーム1個、最大100リットルまでです。チームで全員走りサポートがない場合など、どうしてもこの容量で必要装備の運搬が難しい場合はご相談ください。

Q:大会側からGPXファイルのほかにハードコピーの地図は提供されますか?

ハードコピーの地図の提供予定はございません。ご自身で印刷をお願いします。

Q:宿泊施設で充電(携帯電話や腕時計など)はできますか?

可能ですが、充電可能な口数に限りがございます。タコ足や延長ケーブルをデポバックに入れておき、1人1口で全ての機器が充電できるようご準備ください。

Q:宿泊施設で入浴はできますか?

可能です。6日目朝明茶屋キャンプ場ではシャワーのみで24時までの利用となりますが、他の施設では常時可能です。

Q:ゴールの翌日に表彰式がありますが、ゴール予定日(5/5)の宿泊は個人で手配になりますか?また表彰式の出席は任意ですか?

表彰式の出席は任意ですので、5日の宿泊は個人で手配をお願いします。表彰式はゴール地点の大津港周辺での実施を予定していますので、参加される方は各自で近くの宿泊地をご予約ください。

Q:各ステージのゴール後に、サポートクルーの車などで近くのコンビニ等に行っても良いでしょうか?

ステージをゴールしてから翌日のスタートまでは全くの自由(運営が用意した宿泊地を使わなくても良い)ですので、その間にコンビニ等などどこに行かれても問題ございません。

Q:エイドにて仲間や友人からのサポートを受けても良いでしょうか?

エイドでのサポートは可能ですが、コース上での私的サポートは禁止です。かならずエイド内でサポートを受けてください。

Q:コース上で応援している方々から、飲食物などを貰ったりするのは良いでしょうか?

私設エイドなど、コース上で応援している方が選手を区別せずに広く飲食物を提供されている場合は問題ありませんが、特定の選手のみ提供するような形はコース上での私的サポートとなりますので禁止です。